分かりやすさとさりげなさの狭間

on 11 5, 2013 |

色々なアピールグッズを制作しているAgaPaSですが、
いつも悩むのはデザインの“加減”です。

でかでかと禁煙マークを付ければ、何が言いたいのかははっきりわかりますが、
場合によってはドン引きされる“痛い”グッズになってしまって、
日常的に身近に置いて使いたいものではなくなってしまいます。

NS_rm_front

iPadその他のタブレットPCやネットブックが入るインナーケースです

逆に、あまりに遠回しだったりオシャレを狙い過ぎると
何だかわからなくて意味がなくなってしまいます。

今年の(デザイン上の)テーマ「rm」は、
IT関係者にはウケますが、一般の方には説明しないと意味が通じません。
それにも懲りずに実は写真のようなグッズを作成しました。

さて、オモテはこれで決定。
この面に禁煙マークを付け足す気はないのですが、
せめて、ウラには付けておいた方が良いか、
あくまで「わかる人にニヤッと(ヒヤリハット?)してもらうグッズ」に留めるか、
悩んでおります。

ま、それ以前に購入したいと思われなければしょうがないのですけれどネ。;-)

monthly

お問い合わせ(フォーム)

TFマステ申し込み専用フォーム